2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 女子のステップシークエンス | トップページ | スケート年齢-男子編 »

2008年2月26日 (火)

男子のステップシークエンス

GPシリーズの集計シリーズ、今回は男子のステップシークエンスです。

女子と比べ、2度ステップを実施するため数が多いのですが、プログラムの中での使われ方は画一的なところもあります。ストレートラインを使うことがほぼ当然なので、それをプログラムの山場にする構成も非常に多くなってしまっているのです。
体力的にもこんにちのステップシークエンスは非常に内容が濃く時間をかけるので、プログラムのはじめの方に使ってしまうと後半ジャンプを跳ぶのが非常に困難になっている、という面もあります。

しかしそんな中でも、男子のステップシークエンスは音楽の個性を上手に見せる工夫がちりばめられた楽しいものが数多くあります。

<ステップシークエンス>

◆SP
★レベル1 26.6%
・SlSt1 21 ベストGOE 高橋大輔(スケートアメリカ)、ステファン・ランビエール(中国杯) 0.9
0.5≦GOE<1.0 4
0.0≦GOE<0.5 15
GOE<0.0 2
・CiSt1 18 ベストGOE スティーヴン・キャリエール、アルバン・プレオベール(スケートアメリカ)、ショーン・ソーヤー(中国杯)、ジェレミー・アボット(NHK杯) 0.5
0.5≦GOE<1.0 4
0.0≦GOE<0.5 12
GOE<0.0 2
・SeSt1 2 ベストGOE 小塚崇彦(ロシア杯) 0.3
0.0≦GOE<0.5 2

★レベル2 42.9%
・SlSt2 36 ベストGOE ジョニー・ウィアー(中国杯) 0.7
0.5≦GOE<1.0 6
0.0≦GOE<0.5 29
GOE<0.0 1
・CiSt2 30 ベストGOE ブライアン・ジュベール(スケートカナダ) 1.0
1.0≦GOE<1.5 1
0.5≦GOE<1.0 7
0.0≦GOE<0.5 22

★レベル3 29.2%
・SlSt3 19 ベストGOE ステファン・ランビエール(ロシア杯) 1.0
1.0≦GOE<1.5 1
0.5≦GOE<1.0 12
0.0≦GOE<0.5 6
・CiSt3 26 ベストGOE 高橋大輔(スケートアメリカ) 1.1
1.0≦GOE<1.5 3
0.5≦GOE<1.0 7
0.0≦GOE<0.5 16

★レベル4 1.3%
・SlSt4 1 ベストGOE トマシュ・ヴェルネル(NHK杯) 1.2
・CiSt4 1 ベストGOE トマシュ・ヴェルネル(NHK杯) 1.2

ストレートライン 100%
サーキュラー 97.4%
サーペンタイン 2.6%

◆FS
★レベル1 31.2%
・SlSt1 27 ベストGOE セルゲイ・ヴォロノフ(エリックボンパール杯) 0.5
0.5≦GOE<1.0 1
0.0≦GOE<0.5 25
GOE<0.0 1
・CiSt1 21 ベストGOE 南里康晴(スケートアメリカ)、ブライアン・ジュベール、ジェフリー・バトル(スケートカナダ) 0.5
0.5≦GOE<1.0 3
0.0≦GOE<0.5 18

★レベル2 42.9%
・SlSt2 31 ベストGOE 高橋大輔(スケートアメリカ) 1.1
1.0≦GOE<1.5 2
0.5≦GOE<1.0 5
0.0≦GOE<0.5 22
GOE<0.0 2
・CiSt2 33 ベストGOE 高橋大輔(スケートアメリカ) 1.0
1.0≦GOE<1.5 1
0.5≦GOE<1.0 6
0.0≦GOE<0.5 25
GOE<0.0 1
・SeSt2 2 ベストGOE アンドレイ・グリアツェフ(ロシア杯、NHK杯) 0.0
0.0≦GOE<0.5 2

★レベル3 25.3%
・SlSt3 18 ベストGOE エヴァン・ライサチェク(スケートアメリカ)、ジェフリー・バトル(スケートカナダ)、ステファン・ランビエール(GPファイナル) 1.0
1.0≦GOE<1.5 3
0.5≦GOE<1.0 7
0.0≦GOE<0.5 8
・CiSt3 21 ベストGOE ステファン・ランビエール(GPファイナル) 1.0
1.0≦GOE<1.5 1
0.5≦GOE<1.0 10
0.0≦GOE<0.5 10

★レベル4 0.6%
・SlSt4 1 ベストGOE エヴァン・ライサチェク(GPファイナル) 1.4

ストレートライン 100%
サーキュラー 97.4%
サーペンタイン 2.6%

ランビエール選手、ライサチェク選手、バトル選手、そして高橋選手というあたりが高いGOEを獲得してます。NHK杯でレベル4を獲得したヴェルネル選手も頑張っています。ウィアー選手、ジュベール選手も負けてはいませんね。
スケートアメリカではレベルを低く抑えられる選手が少なくなかったので全体にGOEを高めにつけているようにも見えます。
サーペンタインステップはわずかに小塚選手とグリアツェフ選手が実施しているだけです。グリアツェフ選手はあまりスピードのある選手という印象はないのですが、音楽に上手に乗れています。小塚選手はスピードがあって迫力のサーペンタインステップですが、もっと音楽のビートを全身で表現できればもっといいGOEを獲得できるでしょうね。ベンチャーズは古くさい音楽ともいわれますが、ユニークさはあります。もっとそのユニークさを感じて、楽しんで表に出していってほしいです。

モロゾフ氏曰く「ジャンプやスピンは音楽がなくても成り立つけれど、ステップは音楽がなければ成り立たない」
技術的な部分もとても大切なのですが、音楽表現としても洗練されたステップというのを私は観たいと思っています。

« 女子のステップシークエンス | トップページ | スケート年齢-男子編 »

データベース-GPシリーズ」カテゴリの記事

コメント

なっつさん、こんにちは!
資料室からきました、まゆと申しますhappy01

前からなっつさんの書き込みを拝見していて、すごく詳しいし、文章からしてもすごく温かみのある方だなぁと思っていました。
前にもどなたか書いていましたが、ブログとかやってらっしゃらないのかなぁ、やってたら是非おじゃましたいのに・・・と思っていたので、ここを見つけてすごく嬉しかったですheart02

データベースは今季の内容に関してのみですが、資料室さん並みに詳しくてすごく勉強になります!
SSとスケーティングスキルの相互関係とか・・・詳しくて本当に恐れ入りますsweat01
私の頭が付いていけなくて、まだ100%理解は理解できていませんが、またゆっくり読ませていただきます!

また、演技の感想や音楽についてなど、色々な話題を楽しみにしていますshine
またおじゃまさせていただきますねwink

まゆさん、こんにちは。いらっしゃいませ!
コメントをありがとうございます。

こちらでは現在無味乾燥なデータばかりならべておりますが、私自身スケートの見方はまだまだ勉強中ですので、プロトコルを見ながらいろいろな演技の見方を模索している段階です。
並べてみるとただの数字のようですが、選手たちの全身全霊の演技の結果ですからね!

演技の具体的な感想などは、世界選手権などの大きなイベントや生観戦したイベントなどがあれば取り上げていこうかな、と思っています。

気が向きましたらぜひまたいらしてください。内容についての質問も遠慮なくなさってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/10774317

この記事へのトラックバック一覧です: 男子のステップシークエンス:

« 女子のステップシークエンス | トップページ | スケート年齢-男子編 »