2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 男子のルッツとフリップ | トップページ | 男子のトウループ »

2008年2月 3日 (日)

男子のループとサルコウ

昨日更新予定で準備していた記事をアップできなかったので、今日はできればふたつアップしたいと思います。まずは1つめ。

GPシリーズ男子のジャンプ集計、今回はループとサルコウを軽くいってしまいます。
女子のときはループとトウループをセットにしたのですが、男子ではコンビネーションのセカンド以降としてはほとんど使われていませんので、セットでの扱いは意味がないなと判断しました。
サルコウには4回転がありますが、これも今回試みているのが二人だけ(しかも一人は常にコンビネーション…)ということでわりと軽く取り扱いたいと思います。
そのうちコンビネーション特集も組んでフィーチャーしますから、レイノルズファンはそのときをお待ちくださいませ。

<トリプルループ>

◆SP
・GOE0以上のジャンプ 3
・GOEマイナスのジャンプ 3
・ダウングレードのジャンプ 0
合計 6
ベストGOE アンドレイ・ルータイ(ロシア杯) 0.6

・コンビネーション(少なくとも+COMBOのついた)ジャンプ 0
・ダブルやシングルになってしまったジャンプ 2

・トリプルループ、ファーストループを全く試みなかったプログラム 69

◆FS
・GOE0以上のジャンプ 44
・GOEマイナスのジャンプ 15
・ダウングレードのジャンプ 1
合計 60
ベストGOE パトリック・チャン(スケートアメリカ) 1.6

・コンビネーション、シークエンスのファーストジャンプ 7
 ・うちトリプルループを2回跳んだプログラム 2
・コンビネーション、シークエンスのセカンドジャンプ 1
・ダブルやシングルになってしまったファーストジャンプ 12
 ・うち、ダブルやシングルしか跳ばなかったプログラム 9

・トリプルループ、ファーストループを全く試みなかったプログラム 2

単独ジャンプの成功率 71.2%


<サルコウジャンプ>

◆SP
★4S
・ダウングレードのジャンプ 2
合計 2
★3S
・GOE0以上のジャンプ 2
合計 2
ベストGOE ヤニック・ポンセロ(ロシア杯) 1.0

・コンビネーションジャンプ
 ・4S 2
 ・3S 0
・ダブルやシングルになったジャンプ 0

・サルコウを全く試みなかったプログラム 71

◆FS
★4S
・GOEマイナスのジャンプ 1
合計 1
★3S
・GOE0以上のジャンプ 35
・GOEマイナスのジャンプ 10
・ダウングレードのジャンプ 0
合計 45
ベストGOE ブライアン・ジュベール(スケートカナダ) 1.8

・コンビネーション、シークエンスのジャンプ
 ・4S 2
 ・3S 26 (+無効要素1)
  ・うちトリプルサルコウを2回跳んだプログラム 3
・クワドとトリプルを跳んだプログラム 2 (+無効要素を含むプログラム1)
 ・単独のクワドとトリプルのコンビネーション 1
 ・クワドのコンビネーションと単独のトリプル 1
・ダブルやシングルになったジャンプ 7
 ・うちダブルやシングルしか跳ばなかったプログラム 6

・サルコウを全く試みなかったプログラム 2

単独3Sの成功率 78.7%


というわけで、ループ、サルコウは女子よりもさらにSPでは使われにくいジャンプということになります。フリーでは、多くの選手が1度だけ跳んでいるようです。逆に、跳ばない選手はうんと少なくなりますね。
そしてクワドサルコウに挑戦する二人の選手(ケヴィン・レイノルズ選手とスコット・スミス選手)は、どちらもフリーでトリプルサルコウも跳んできています。1度トリプルになってしまったときは、他のジャンプにコンビネーションがつけられなかったり回転が抜けたりしたためにザヤックルールには引っかからなかったのですが、臨機応変な対応が求められるといえそうです。
フリーの傾向で興味深く見たのは、ループはほとんどコンビネーションにせず、サルコウでコンビネーションにする選手が多めだということです。
ザヤックルールのメリットをフルに使おうとすれば、2種類のジャンプを2回跳ぶことにしてコンビネーションにしますが、もうひとつ、1度だけ跳ぶジャンプにもコンビネーションをつけることができます。あるいは、2度跳ぶのは1種類だけにしてもう2種をコンビネーションにしている場合もありますが、いずれにせよ、コンビネーションでしか跳ばないジャンプとしては、今までのところサルコウが最も多く、アクセルをのぞけばループが一番少ない、ということになります。
どうやらループはコンビネーションに続けにくい、という傾向が見えてきそうです。

なお、セカンドジャンプで跳んだ唯一のトリプルループは、2Lo+3Lo+SEQという失敗ジャンプでしたが、ダブルループからなんとかトリプルループにつなげたNHK杯のソーヤー選手、根性あったなぁと思います。

« 男子のルッツとフリップ | トップページ | 男子のトウループ »

データベース-GPシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/10226203

この記事へのトラックバック一覧です: 男子のループとサルコウ:

« 男子のルッツとフリップ | トップページ | 男子のトウループ »