2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「環境整備」って話が出たので | トップページ | 女子のスパイラルシークエンス »

2008年3月 3日 (月)

ワールド・フィギュアスケート 32

普段は立ち読みが多くてちょっと手が出ない雑誌なのですが、今号は買ってみました。

試合の写真などは私はインターネットとかで見てしまうので、手元にあまり残しておきたいという気持ちがないのですが、この雑誌は選手や各国の関係者へのインタビューがたくさんあるのがとてもいいです。
ただこの試合はどうだったということだけではなく、どのような環境で練習を積んでいるか、スケートに対してどのような情熱を抱いているのか、そういったことが見えてくる興味深いインタビューも数多くあります。

Book ワールド・フィギュアスケート 32 (32)

販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回ここで取り上げたい記事は天野真さんのインタビュー。
今季変更になったいくつかのルールに関するコメントの中に、くだんの不正エッジ判定に関するものがありました。コーラーによって不正エッジに対する考え方も少し違う、としたうえで、天野さんの場合は踏み切りのとき深く間違ったエッジに踏み込んでしまう場合のみを判定しているようです。
Daysの岡崎さんも同様のことを述べていましたが、コーラーは「スケーター」に対してe判定はしていません。同じスケーターでもそのときそのときで踏み切りは違う、という考えが一般的なようです。
他にもスパイラルやスピン、ステップなどの話が出てきました。ジャンプについて、高難度ジャンプの基礎点は今のままで十分ではないか、というコメントもしておられました。
もう一つ非常に興味深い話題が、スケーティングのよさには3つのポイントがある、というお話。
一つはストレートでの加速力
一つはインアウトのエッジの深さ
一つはエッジの前後の変化
ということです。ステップで高い評価を受ける選手でもどこか1つくらい弱い部分があるそうですが、どれも使いこなしているのは小塚選手だと評しています。確かに彼のサーペンタインステップは惚れ惚れするほどスムーズでスピードがあって気持ちいいんですよね。他のトップ選手に比べて体を大きく使えているわけではないのに、ものすごい迫力があります。
エッジの前後の変化というのはちょっと難しいのですが、以前恩田さんが高橋選手のスケーティングを評したとき「氷に力を伝えるのにブレードのカーブを使っている」というようなことを言っていて、なにやら非常に納得したことがありました。それに近い感覚なのかな、と思っています。今後ビデオなどで研究してみたいですねー。

まあ私の解釈よりご本人の説明をちゃんと読んだ方がきっと理解できますよー、ということで。

その他にももりだくさんのインタビュー。どのインタビューがよかったかとか、かいつまんではちょっと説明しきれないくらい。ランビエール選手の振付師、サロメ・ブルナーさんなどのお話をかなり興味深く読みました。

専門誌はやっぱり、結構なお値段ですが、なにしろ話題満載写真満載ですから、興味のある方はぜひどうぞ。

« 「環境整備」って話が出たので | トップページ | 女子のスパイラルシークエンス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/10911227

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド・フィギュアスケート 32:

« 「環境整備」って話が出たので | トップページ | 女子のスパイラルシークエンス »