2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ザヤックルールとコンビネーション回数制限・前編 | トップページ | ISU Communication1494 »

2008年3月23日 (日)

ザヤックルールとコンビネーション回数制限・後編

さて、今回の世界選手権で一部の選手を苦しめたコンビネーション回数制限に関する解説です。

実は昨年の世界選手権でも同じルールで痛いミスをした選手がいました。
そう、織田信成選手です。

しかし、織田選手と今年の3選手との違いは、織田選手はザヤックルールは絡んでおらず、今年の3選手はザヤックルールが絡んでいたことです。

そもそもコンビネーション回数制限のルールとはシンプルなルールです。

1) フリースケーティングでのコンビネーションジャンプ、ジャンプシークエンスは合わせて3度まで。4度目のコンビネーション、シークエンスは種類を問わずまるごと無効になる。

2) 3連続のコンビネーションジャンプは1度まで。2度目の3連続コンビネーションジャンプはまるごと無効になる。

2番目に違反してしまった選手は、多分いないのではないかと思います。非常にわかりやすいし混乱することもまずないからです。
1番目の方がやや厄介といえます。

まず先に、ザヤックルールと関係のない織田選手のジャンプ構成をあげてみましょう。

1 3A+3T+3Lo
2 2A
3 3S+2T
4 2A+3T
5 3Lz*+2T* (無効要素)

6 3F
7 3Lz
8 2A

織田選手は4度目のジャンプに単独のトリプルアクセルを予定していました。が、跳べなかったためとっさに2A+3Tのコンビネーションにしたのです。そして、その次のジャンプもコンビネーションにしてしまった。これがいけなかった。完璧な数え間違いです。
では、ルッツをコンビネーションにしなければよかったのでしょうか? 実はそうではありません。なぜならルッツを2度跳んでいるから、1度はコンビネーションにしなくてはいけなかったのです。つまりあくまで余分だったのは2A+3T。単独のダブルアクセルでここは我慢すべきだったのです。

一方で、今回の高橋選手の失敗は少々気の毒なものでした。ザヤックルールで余分なシークエンスが2つも入ってしまっていたのです。

1 4T
2 4T<+SEQ
3 3A
4 3A+SEQ
5 3F+3T
6 3S
7 3Lo
8 3Lz*+2T* (無効要素)

チャン選手、キャリエール選手が同様の失敗をしていたのがあって、最後にセカンドを跳ぶな跳ぶなと念じながら見ていたのですが、それはフジテレビの解説の本田さん、Jスポーツの解説の田村さんも同様だったようです。お二人が指摘しているので私が言うことは何もないのですが、言えることがあるとすれば、先のエントリーでも述べましたが、構成上リカバーの手だては何もなかったので、何もしないのが一番の対策だったということです。

一方で、実は織田選手の失敗では他の手だてがありました。
彼はトリプルアクセルを2度跳ぼうとして1度しか跳べませんでした。ここがポイントです。トリプルアクセルを跳んで転んだのではなく、ダブルアクセルをきれいに決めていました。つまり、ザヤックルールで認められている2度の同一ジャンプの枠を使い切っていない状態だったのです。
ですからダブルになったアクセルは単独のまま、ルッツのコンビネーションはそのままで、最後のダブルアクセルをトリプルループにするとか、それが難しければ3Lz+2Tを3Lz+3Tにしてしまうことも可能だったのです。
しかしこんなことはたらればに過ぎませんね。全ての可能性をその場で判断するのは、特に極限状態で滑っているスケーターには無理なことです。できるだけ失敗のフォローはシンプルに、最もありそうな3通りくらいの失敗だけを想定し、普段からそれだけをシミュレーションして、それ以外のことはしないようにする、これが確実だと思います。

どちらかの個人ブログで、オリンピックの荒川静香さんの偉かったことを「失敗を取り戻そうとして余計に難しいことをするより、練習通りの構成をクリーンにする方を選ぶことができた冷静さ」だったとおっしゃっていたのを見かけたのですが、まさしくその通りだと思います。

とっさの判断というのは、ときには成功することもありますが、あまりアテにしないほうがいいものであったりします。

« ザヤックルールとコンビネーション回数制限・前編 | トップページ | ISU Communication1494 »

解説」カテゴリの記事

コメント

なるほどぉ・・・

私もザヤックとコンビネーションの回数制限を混同していた1人で、高橋選手のも「ザヤックだ・・」と思いながら見ていました(^^;
勉強になります!

4Tにしても3Aにしても、ザヤックルールのことを考えれば最初をコンビネーションにしておけばいいのに、と構成に疑問を持ったんですが、確かに心理的な跳びやすさはありますね。
音楽的にも、「ここは単発の方がしっくりくる」なんていうのもあったりするんでしょうか?

でも、来季のジャンプ構成はやはり少し見直してもらいたい気もするし、おっしゃる通り、色々な可能性をよくシミュレーションして対応できるようになるのが得策ですね。

しかし、コンビネーションの全てが無効になる、というのは何とかできないものかと感じました。違反になったジャンプだけ無効にすればいいのに、と。
やはり、コンビネーションはその全てで1つのジャンプと考えるというところからきているんでしょうか?

長々失礼しましたsweat01

まゆさん、こんにちは。
高橋選手は本当に残念でした。けれどもこれもバンクーバーに向けての教訓にしてくれるでしょうね。

コンビネーションの回数制限は、以前から違反したものはまるごと無効としていましたね。
ザヤックルールに関しては、当初はコンビネーションの中でそのジャンプだけを無効にしていましたけれど(たとえば先のエントリーのルータイ選手の3Lz+3Tは3Tのみが無効になっていた)。

ジャンプ構成、モロゾフコーチは後半に中程度の難度のコンビネーションを入れて得点アップを狙うことが多く、他のコーチ、選手達もそういった試みをしていることが多いですね。多くの場合ザヤックに抵触してしまうのはこの後半ジャンプの失敗であるようです。
けれども今回の4回転に関してはどちらも前半ですし、できることなら最初にコンビネーションにした方が戦略上のオプションは広がるのですが、そうしなかったのはその方が成功率が高いなどの大きな理由があるのではないかと思います。音楽は、モロゾフコーチの場合ジャンプに音楽を合わせてしまうので、あまり関係ないかな、と思います。

各選手に合った構成というのは各選手にしかわからないと思いますから、なかなかこうしたらいいというようなことは言えないんですけれどね。

はじめまして!いつも楽しく勉強させていただいていますm(。。)m

高橋選手、本当に残念でしたね。あまり調子が良くなかったとのことですが、まさか表彰台を逃すとは思ってもみませんでした…
しかも、ルッツをコンビネーションにさえしなければ表彰台にはあがれたのに、と…
観戦のみの僕には些細なミスに思えたのですが、やはりそれでもおおきな得点を失ってしまうのが採点の難しいところですね。

ただ、これも次につなげていけることだと思うので、やっぱり目標はバンクーバーでしょうか笑
ファンとしてはここにピークを持ってこられればもう満足なんですが。。すいません、気が早いですよね汗

話が変わってしまうのですが、採点方法について教えて欲しいことがあります!
某掲示板(なっつさんもご存知の)で、テクニカルコントローラー、テクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストの三人の技術審判はジャッジの出した評価、ジャッジは技術審判の出した要素のレベルなど、それぞれ知る由もないと書かれていたのですが、すこし疑問に思うことがあります。
前に前に同じ掲示板で安藤選手のスピン(すごくブレていたのに、なぜ高いGOEが出たのか、というようなものだったと思います)についてふれられていることがありましたが、そのときの回答に、レベルが低かったので、そのレベルからすると質がよいと判断されたからではないか、というものがありました。
両方の意見を聞くと、矛盾、してますよね?笑
そこで悩んだすえ、なっつさんに質問することにしました。あと、いまいち採点の流れというものがわからないので、よければその辺りも詳しく教えていただけたら、と思います!

長々失礼しました。

nさん、いらっしゃいませ。質問ありがとうございます。

ジャッジングシステムの流れについては、私も実際の詳しいことはよくわからないんですよ。ジャッジ席のすぐ後ろなんていういい席がとれればいいんですが、そういうところまではなかなかこだわらないもので…

私の知る範囲で答えさせていただきます。
少なくともジャッジはテクニカルパネルが最初に宣言した要素名を聞いています。
ルールの中で、ジャッジがテクニカルパネルのコールする要素を知ることができない状況(普通はマイクとヘッドホンをつけていますが、そういった設備を用意できない小さな大会もありうる)では、要素を審査するジャッジとPCSのジャッジを分けて別々のメンバーで採点するようにしなくてはならない、と規定されています。要素の質を判定するジャッジが要素のレベルを知ることができるようにするのはこのジャッジングシステムの非常に大切な前提条件なのです。
ただし、最初にコールする要素は暫定的なもので、その後訂正が入ることがあります。もちろん、その訂正に合わせてジャッジは採点のし直しをすることもできます。自分の目で見て判断したのだから直す必要はないと思えば、それをしなくても別に構わないと思いますが。
逆にテクニカルパネルが各ジャッジのGOEまでを把握しているとは思いません。ただしレフェリーは両方を把握しているでしょうね。

こんなところですが、参考にしていただければ幸いです。

お返事ありがとうございました!

テクニカルパネルというのは、技術審判のことですよね?勉強不足で申し訳ありません汗
なるほど、では要素のレベルはジャッジも知りながらの採点なのですね。納得です。
僕はまだフィギュアスケートを生観戦したことはないのですが、いつか機会があればジャッジ席の後ろを取ってみたいと思います!笑
そのときはなっつさんにも土産話を聞いてもらおうと…いつになるか分かりませんが汗


続けての質問でわるいのですが、スピンについて教えてください。
基本姿勢は三つ、アップライト、シット、キャメルですが、中間姿勢というものがよくわかりません。レイバックのキャッチフットなどが中間姿勢の難しいバリエーションに入るのでしょうか??具体的な中間姿勢のポジションを教えてください。あと、レベル上げの要素として「(SPではレイバックで8回転した後に)ビールマン」とありますがサイドウェイズはレイバックで8回転のカウントに入らないのでしょうか?

nさんこんにちは。

今シーズン中間姿勢が定義された背景には中途半端なシットポジションをどう判定するかという問題があったのではないかと考えられます。
(以前のエントリーでも述べたとおり、たとえば昨年の世界選手権フリーの高橋選手のフライングシットスピンはフライングアプライトスピンという判定を受けました)
ですから、膝は明らかに曲げているけれど腰を十分落としていないものが中間姿勢であると考えてほぼ間違いないと思います。たとえシットのような姿勢で上体をねじって横を向いている姿勢は腰を膝のレベルまで落としていないので中間姿勢になるのではないかと思われます。
レイバックの変形は膝が伸びていればアプライトの変形姿勢となります。

ショートプログラムのレイバックスピンですが、全ての姿勢を合わせて合計8回転以上していなければならないという条件がもともとあります。
ですから、私は単純にビールマンの回転数はこの条件に加えない(少なくともレベルアップの認定されるポジションと見なさない)ということであって、レイバックのみで8回転する必要はないと思っていましたが…、具体的な根拠はありません。
各選手のレベル4のレイバックスピンの回転数を数えてみると確実かもしれませんね。

ふむふむ。そういえば昨シーズンの安藤選手なんかもシットポジションが曖昧でしたよね。今シーズンは低く腰を落としているのですが、そのせいでスピンの減速やブレなど取りこぼしにつながるようなものが見当たります。やはり今まで楽してると後々辛いのでしょうね。んー奥が深い。
なぜ、サイドウェイズをレイバックの回転数に見なすかと質問したかというと、今年の世界選手権で真央選手のレイバックで気になったことがあったからです。最初にサイドウェイズ→レイバック→キャッチフット→ビールマンという構成だったのですが、その二番目のポジションでかなり減速していたのにも関わらず、ずいぶん粘るなぁという印象を受けました。あとあと数えてみると、八回転しようとしていたのでは?という疑問が浮かんできたので。。

色々ありがとうございました!また何かあったら質問させていただきます笑

nさん、こんにちは。

「楽してる」という言い方はちょっとどうかと思ったりもします。選手はこれまでも精一杯やってきたでしょう。限られた練習時間の中で最大限上達する方法を模索する中で、これまでは優先順位の低いものであったに過ぎないと思います。
不正エッジの問題でも思ったことですが、選手のクセについて、技術的に正しくないからといって楽をしているように言う風潮は好きではありません。

真央選手のレイバックの構成ですが、
サイドウェイズで3回転→レイバックの基本姿勢で8回転→キャッチフットで2回転→ビールマンで2回転
でレベル4を狙ったものではないでしょうか?
8回転かスピードアップがなければ、ビールマンのレベルアップが認められてもレベル3止まりの構成です。しかし今回はちょっと回転数が足りなかったようですね。音楽に細かく合わせた密度の濃い構成はこういったところにしわ寄せがきてしまいます。けれどGOEで加点をもらえるようなスピンを心がければ、ムリにレベルを狙っていかなくてもいいのかも、と思ったりもします。

はい、これからは言葉に気をつけます。
あまりそういう風に思って書いたわけではないのですが。。
ご指摘ありがとうございました。

お返事がおくれてしまいましたが、nさん。

他意がないことは理解できました。
結果として技術に良し悪しの差はつくわけで、我々ファンはそれを見てああでもないこうでもないと言い合っているわけですが、やはり最低限、選手の努力を尊敬して応援したい、という気持ちから注意させていただきました。
私も言葉にはいっそう気をつけたいと思い身を引き締めました。

気を悪くせずに今後も遊びに来てくださいね。

なっつさん、お元気ですか?
お忙しいのでしょうか・・・

時間ができてからでもちろん良いので、またなっつさんの記事が読めることを楽しみにしています♪

まゆさん、コメントをほったらかしにして大変申し訳ありませんでした。
少し生活環境などが変わりましてインターネットの時間がなかなかとれないでおりました。

新しい環境もようやく落ち着いてきましたし、来シーズンに向けての動きも出てきましたので、少しずつですが更新を再開したいと思っています。
ほんとうにすみませんでした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/11690770

この記事へのトラックバック一覧です: ザヤックルールとコンビネーション回数制限・後編:

« ザヤックルールとコンビネーション回数制限・前編 | トップページ | ISU Communication1494 »