2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 女子フリーのスピン構成 | トップページ | GPシリーズ女子のPCS »

2008年3月16日 (日)

男子フリーのスピン構成

世界選手権もはじまるというときにようやくGPシリーズの集計、スピンの最終回です。
実は家半分をリフォームすることになり、週末がかりで大掃除に追われておりました。ネットにはつなげていますがかなり不自由の多い状態です。更新頻度はますます落ちてしまうかもしれませんが、世界選手権もありますし、ネット時間はしっかり確保していきたいと思います。

さて今回は男子フリーのスピン構成。レイバックスピンを実施する女子と比べるとバリエーションはやや少ないですが、足換えスピンを多用しているのが目立ちます。

男子も足換えコンビネーションスピンをほとんどの選手が実施しています。1つだけ実施していない例がありますが、とりあえず今回も足換えコンビネーションをコンビネーションを満たすスピンと考えてそれ以外のスピンの分類を考えてみました。

<コンビネーションを3つ、単一姿勢を1つの構成>

★フライングスピンを満たすものがFCCoSp 2
・CCoSp,FCCoSp,FSSp,CoSp 2

★フライングスピンを満たすものがFCoSp 4
・CCoSp,FCoSp,USp,CoSp 2
・CCoSp,FCoSp,FSSp,CoSp 2

合計 6

<コンビネーションを2つ、単一姿勢を2つの構成>
※男子はフライングシットスピンが非常に多いので、2つ以上のフライングスピンがある場合ここではフライングスピンにはフライングシットを優先的に適用し、そののち単一姿勢のスピンを決定した。
1つだけ足換えコンビネーションスピンを実施していないプログラムに関しては、フライング足換えコンビネーションスピンをコンビネーションに適用した。

★フライングスピンを満たすものがFSSp 52
☆うち単一姿勢を満たすものがCSSp 34
・CCoSp,FSSp,CSSp,CoSp 28
・CCoSp,FSSp,CSSp,FCoSp 1
・CCoSp,FSSp,CSSp,FCCoSp 5
☆うち単一姿勢を満たすものがCUSp 5
・CCoSp,FSSp,CUSp,CoSp 3
・CCoSp,FSSp,CUSp,FCCoSp 2
☆うち単一姿勢を満たすものがFCSSp 5
・CCoSp,FSSp,FCSSp,CoSp 3
・CCoSp,FSSp,FCSSp,FCCoSp 2
☆うち単一姿勢を満たすものがFCUSp 3
・CCoSp,FSSp,FCUSp,CoSp 1
・CCoSp,FSSp,FCUSp,FCCoSp 2
☆うち単一姿勢を満たすものがSSp 1
・CCoSp,FSSp,SSp,CoSp 1
☆うち単一姿勢を満たすものがUSp 3
・CCoSp,FSSp,USp,CoSp 3
☆うち単一姿勢を満たすものがFCSp 1
・CCoSp,FSp,FCSp,CoSp 1

★フライングスピンを満たすものがFCSp 1
・CCoSp,FCSp,CSSp,CoSp 1

★フライングスピンを満たすものがFUSp 2
・CCoSp,FUSp,CUSp,CoSp 2

★フライングスピンを満たすものがFCSSp 2
・CCoSp,FCSSp,CSSp,FCCoSp 2

◆コンビネーションを満たすものがFCCoSp 1
・FCCoSp,FSSp,CSSp,CoSp 1

合計 58

<コンビネーションを1つ、単一姿勢を3つの構成>
※フライングスピンが自動的に決まる構成のみなので、その区別ののちに単一姿勢スピンをシンプルなものから適用した。

★フライングスピンを満たすものがFSSp 9
☆うち単一姿勢を満たすものがSSp 5
・CCoSp,FSSp,SSp,CUSp 4
・CCoSp,FSSp,SSp,CCSp 1
☆うち単一姿勢を満たすものがUSp 1
・CCoSp,FSSp,USp,CSSp 1
・CCoSp,FSSp,LSp,FCSSp 2
☆うち単一姿勢を満たすものがCSSpかCUSp 3
・CCoSp,FSSp,CSSp,CUSp 3

★フライングスピンを満たすものがFCSp 2
・CCoSp,FCSp,CSSp,CUSp 2

合計 11

<4つのスピンが認定されなかったもの> 2

いかがでしょう。男子選手は圧倒的にシットスピンが多いですね。もう少しいろいろなポジションの単一姿勢スピンがあれば、もっとスピンの楽しさが際立ってきそうに思うのですが、男子はどちらかというとジャンプが見せ場になりますし、まずはしっかり点を取ろうと思えば、こういう構成にならざるを得ないのかもしれません。
また、男子は柔軟性のある多様なポジションを持っていない代わりに両足でスピンを行ったりして、基礎的な筋力の強さやエッジコントロールを生かしたスピンを行っています。フライングスピンも高さがあって見応えがあります。

さて、ここまでGPシリーズの要素を振り返ってきましたが、次はPCSについてのデータをちょっと分析してみたいと思います。得点のランキングは資料室さんで見られるはずなので、5項目のバランスに関する分析をしてみたいのですが、まだどんな風な切り口にするか、具体的には浮かんでおりません…
でも世界選手権が終わる前にはまとめてしまいたいと思います。

« 女子フリーのスピン構成 | トップページ | GPシリーズ女子のPCS »

データベース-GPシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/11418862

この記事へのトラックバック一覧です: 男子フリーのスピン構成:

« 女子フリーのスピン構成 | トップページ | GPシリーズ女子のPCS »