2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スケートアメリカ・アイスダンス、ペアなど | トップページ | [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 »

2008年10月25日 (土)

スケートアメリカ・女子シングル

スケートアメリカの女子関係のエントリーです。追記形式で結果を追加していきます。
大会の詳細ページはこちら

ショートプログラムは日本時間26日の午前11時8分から。にしてもこの8分というのがよくわかりませんね。滑走順はこちら。
第1グループ
1 Yan LIU
2 Annette DYTRT
3 Tugba KARADEMIR
4 Mira LEUNG
5 Rachael FLATT
6 Susanna POYKIO
第2グループ
7 Valentina MARCHEI
8 Mirai NAGASU
9 Kimmie MEISSNER
10 Yukari NAKANO
11 Miki ANDO
12 Yu-Na KIM

世界ランキングの関係から、メダル候補の一人であるフラット選手は前半グループでの滑走になります。マルケイ選手はヨーロッパで開催される国際大会で高いランキングポイントを獲得しています。
滑走グループですが、ジャッジの方はそれに影響されないように意識はしているのでしょうが、どうしても最初の方のグループでは点が低くなってしまう傾向はあります。相対評価だった旧採点ではあからさまに「あとのグループに高い点を取っておく」ということが行われ、同じグループでも後ろに有力選手がいる場合は点数を抑えられる傾向がありました。
新採点では完全な相対評価ではないのでそれが緩和されましたが、やはりPCSでは実績のある選手が出てくるまでは様子見の得点しか出ないところがどうしてもあります。そういう意味でほんの少しフラット選手は不利ですが、ショートプログラムだけのことですし本人の出来で十分覆すことはできるでしょう。

10/28追記
ショートプログラムの結果です。
1 Yu-Na KIM         69.50 39.06 + 30.44 - 0.00
2 Miki ANDO            57.80 30.28 + 28.52 - 1.00
3 Yukari NAKANO      57.46 29.30 + 28.16 - 0.00
4 Mirai NAGASU         56.42 30.50 + 25.92 - 0.00
5 Rachael FLATT         54.92 30.00 + 24.92 - 0.00
6 Kimmie MEISSNER  54.90 28.46 + 27.44 - 1.00
7 Annette DYTRT     48.32 25.64 + 22.68 - 0.00
8 Susanna POYKIO    47.82 24.50 + 23.32 - 0.00
9 Yan LIU                  46.96 25.84 + 21.12 - 0.00
10 Mira LEUNG        45.74 25.54 + 20.20 - 0.00
11 Tugba KARADEMIR 41.26 19.58 + 21.68 - 0.00

金選手がダントツの得点で首位に立ちました。今回は回転不足が非常にとられやすい大会で、金選手の大きなジャンプはインパクトが強くて不足をとられにくいというメリットが出たと思います。実際にコンビネーションのセカンドジャンプは45度くらいの不足でしたが、この程度の不足は女子のジャンプでは8割方そうですので、ほとんど減点の対象とみなされなかったようです。流れが速く大変エキサイティングなプログラムです。ミスをした2Aもバックスパイラルから直ちに跳ぶ難しい構成。
安藤選手はステップで転倒した以外はいい演技だったと思います。ジャンプのセカンドが回転不足なのも気になりますが、切れ味自体はいいので調整次第でしょう。
中野選手もジャンプ以外はとてもいい演技だったと思います。こちらも、じっくりと調整してあげていければいいのではないかと思います。
アメリカ勢はちょっと元気がありませんでした。フラット選手は技術も表現もいい感じでしたが、回転不足と不正エッジ判定が痛かった。けれども、まだまだ若い選手ですのでどんどん難しいことに挑戦していってほしいものです。長洲選手はものすごく緊張していたのがこちらにも伝わってきました。でも素晴らしいスピードの演技でした。マイズナー選手は、なかなかジャンプの不調を克服できませんね。けれどもきちんと最後まで気持ちを入れた演技をできるのは立派です。

続いてフリーの結果。
1 Yu-Na KIM      123.95 63.95 + 60.00 - 0.00
2 Yukari NAKANO   115.07 58.43 + 56.64 - 0.00
3 Miki ANDO        110.62 58.46 + 52.16 - 0.00
4 Rachael FLATT     100.81 50.65 + 50.16 - 0.00
5 Susanna POYKIO    94.32 48.24 + 46.08 - 0.00
6 Mira LEUNG      90.42 48.90 + 41.52 - 0.00
7 Mirai NAGASU         86.48 36.96 + 51.52 - 2.00
8 Yan LIU                  81.16 40.92 + 40.24 - 0.00
9 Kimmie MEISSNER  81.02 33.74 + 49.28 - 2.00
10 Tugba KARADEMIR 72.65 32.61 + 41.04 - 1.00
11 Annette DYTRT       68.51 28.75 + 43.76 - 4.00

フリーも金選手の圧勝。ループジャンプの失敗はありましたが、それ以外は盤石でした。個人的には、リムスキー・コルサコフのゴージャスなオーケストレーションを表現するには少し彼女は線が細すぎるのか、すっきりとしすぎているのか、と感じる部分もあります。けれども彼女なりの世界観はつくることができていたかと思います。
中野選手は滑り慣れればさらに洗練されていきそうなプログラムですが、とにかく見ていて楽しく、エンターテイニングな作品になっていると思います。スピンが1つ減った分、何を加えるのか。どこに力を入れてきたのか、それを最も明瞭に見せてくれたのが中野選手だったのではないかと思います。
逆に安藤選手は、スピンが一つ減って代わりに何かが加わったという印象を持てないプログラムだと感じました。もちろん、4回転を加えるという選択もアリだと私は思いますが、その場合3回転になったときこのくらいのトランジッションの点になってしまうことは覚悟せねばならないでしょう。ちょっとしたスケーティングのミスやスパイラルのミスも残念でしたが、プログラムに一つ世界観のようなものがあってほしい。その高い技術を、表現のためにこそ生かしてほしい。トップ選手として彼女に今一番足りないものはそこではないかと思います。
長洲選手は前半が非常に速い展開でエキサイティングだっただけに、後半のミスは残念でした。しかし、体の成長が落ち着き場数を踏めばシニアの大会でも伸び伸びと滑られるようになるのではないでしょうか。フラット選手はジャンプのポップがありましたが悪くはなかったと思います。シニアの最初の大会としてはがんばれたのではないでしょうか。ポイキオ選手、昨シーズンあまり名前を見なかったのですが、素敵な演技を見ることができてほっとしました。上体の動きなどは少し硬いのですが、細い絹糸が紡がれていくような滑らかなスケーティングは本当に魅力的です。

女子の最終結果です。
1 Yu-Na KIM         193.45 69.50 + 123.95
2 Yukari NAKANO      172.53 57.46 + 115.07
3 Miki ANDO            168.42 57.80 + 110.62
4 Rachael FLATT    155.73 54.92 + 100.81
5 Mirai NAGASU         142.90 56.42 + 86.48
6 Susanna POYKIO    142.14 47.82 + 94.32
7 Mira LEUNG            136.16 45.74 + 90.42
8 Kimmie MEISSNER  135.92 54.90 + 81.02
9 Yan LIU                  128.12 46.96 + 81.16
10 Annette DYTRT       116.83 48.32 + 68.51
11 Tugba KARADEMIR 113.91 41.26 + 72.65

GPランキングです。
Yu-Na KIM         15pt
Yukari NAKANO      13pt
Miki ANDO            11pt
Rachael FLATT       9pt
Mirai NAGASU       7pt
Susanna POYKIO       5pt
Mira LEUNG               4pt
Kimmie MEISSNER     3pt

« スケートアメリカ・アイスダンス、ペアなど | トップページ | [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/24740508

この記事へのトラックバック一覧です: スケートアメリカ・女子シングル:

« スケートアメリカ・アイスダンス、ペアなど | トップページ | [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 »