2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 | トップページ | スケートカナダ・女子シングル »

2008年10月31日 (金)

スケートカナダ・アイスダンス、ペアなど

スケートカナダのアイスダンスやペアなどのエントリーです。追記形式で結果を追加していく予定。結果の詳細ページはこちら

日本時間11月1日の午前1時5分から、ペアのショートプログラムが始まります。
滑走順はこちら。
第1グループ
1 Rachel KIRKLAND / Eric RADFORD
2 Amanda EVORA / Mark LADWIG
3 Mylene BRODEUR / John MATTATALL
4 Huibo DONG / Yiming WU
第2グループ
5 Tiffany VISE / Derek TRENT
6 Keauna MCLAUGHLIN / Rockne BRUBAKER
7 Jessica DUBE / Bryce DAVISON
8 Yuko KAWAGUCHI / Alexander SMIRNOV

地元のデュベ&デビソン組とロシアのエース川口&スミルノフ組の一騎打ちですが、スケートアメリカから連戦のマクマフリン&ブルベーカー組もこの2組がミスをすれば上に上がってくる実力があります。デュベ&デビソン組は軽やかで流れが美しく、叙情性もある演技ができる組です。地元ですから声援も大きいでしょう。川口選手たちはテクニックはもちろん最高のものを持っていますが、むしろ表現力でどれだけこの組に対抗できるかが鍵です。アウェイですから、好意的にみてよい、ではなく、否定的な人もうならせるような説得力が必要になります。

間に女子SPをはさんで、日本時間1日朝7時30分から、アイスダンスのコンパルソリーダンスです。
滑走順はこちら。
第1グループ 
1 Andrea CHONG / Guillame GFELLER
2 Jennifer WESTER / Daniil BARANTSEV
3 Vanessa CRONE / Paul POIRIER
4 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV
第2グループ
5 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE
6 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT
7 Meryl DAVIS / Charlie WHITE
8 Kristina GORSHKOVA / Vitali BUTIKOV

地元のエース、優勝候補筆頭だったヴァーチュー&モイア組が残念ながら欠場ですが、これで優勝争いはフランスのペシャラ&ブルザ組とアメリカのデイビス&ホワイト組の一騎打ちになります。ジュニアで多く表彰台に乗ったロシアの組がランキングでは上回っていますが、パーソナルベストを比べればやはり前2組の実力の方が明らかに上です。
この2組はどちらも国内2番手のカップル。しかしこの大会は本当に大きな飛躍のチャンスです。競い合っていい演技を見せ、互いに評価をあげていってほしいところです。

11/1追記
先ほど競技が現地31日分の競技日程が終わったばかり、まだ放送前ですが、できるときに更新してしまいます。
ペアのショートプログラムの結果です。
1 KAWAGUCHI / SMIRNOV     65.02 37.10 + 27.92 - 0.00
2 MCLAUGHLIN / BRUBAKER 60.66 35.22 + 25.44 - 0.00
3 DUBE / DAVISON              60.14 32.78 + 27.36 - 0.00
4 VISE / TRENT                    53.94 30.90 + 23.04 - 0.00
5 DONG / WU                      50.84 30.08 + 20.76 - 0.00
6 MBRODEUR / MATTATALL  50.76 29.32 + 21.44 - 0.00
7 KIRKLAND / RADFORD     50.08 28.64 + 21.44 - 0.00
8 EVORA / LADWIG          47.04 28.56 + 20.48 - 2.00

川口&スミルノフ組が2位に5点近い差をつけてトップ。アウェイのカナダでこの点なのですから、明らかに一番出来がよかったのでしょうね。2,3点程度ではほとんど意味がありませんが、5点ならワンミスが許される、少しは有意なリードになるでしょう。しかし大技も多いペアですから気は抜けませんね。アメリカ大会でも、ムホルトワ&トランコフ組がフリーで順位を落としてしまっていますし。デュベ&デビソン組はミスがあったようでTESが伸びませんでした。表彰台は上位3組の色争いになりそうですね。

続いてアイスダンスのコンパルソリー。課題はパソドブレ。パソドブレはスペインの闘牛をモチーフにした力強い踊りです。
1 DAVIS / WHITE                 34.29 17.18 + 17.11
2 PECHALAT / BOURZAT    33.90 16.96 + 16.94
3 NAVARRO / BOMMENTRE  31.67 16.20 + 15.47
4 CRONE / POIRIER             31.11 16.06 + 15.05
5 GORSHKOVA / BUTIKOV  30.50 15.48 + 15.02
6 WESTER / BARANTSEV    28.71 15.16 + 13.55
7 BOBROVA / SOLOVIEV   28.42 14.34 + 14.08
8 CHONG / GFELLER      26.29 13.92 + 12.37

デイビス&ホワイト組がトップに立ちました。この組はオリジナルダンスやフリーダンスでも強いですから、これはかなり有利になったと思います。ペシャラ&ブルザ組にも個性的な演技で追い上げていってほしいです。アイスダンスは拮抗したライバルだとオリジナル、フリーともに1位でもコンパルソリーの2点差をひっくり返せずに総合2位になることもある競技です。さらに順位よりも得点が重要になってきます。

アイスダンスのオリジナルダンスは日本時間2日午前0時45分から(10月まではサマータイムで日本との時差は13時間でしたが、11月からは普通の時差、14時間になります)。ペアのフリースケーティングは日本時間2日午前3時25分からになります。
滑走順は順位の逆です。

11/3追記
アイスダンス、オリジナルダンスの結果です。
1 DAVIS / WHITE                56.36 29.10 + 27.26 - 0.00
2 GORSHKOVA / BUTIKOV  49.82 27.00 + 22.82 - 0.00
3 CRONE / POIRIER        49.13 25.30 + 23.83 - 0.00
4 NAVARRO / BOMMENTRE  48.68 25.20 + 23.48 - 0.00
5 BOBROVA / SOLOVIEV   47.83 27.00 + 20.83 - 0.00
6 PECHALAT / BOURZAT    47.37 23.00 + 25.37 - 1.00
7 WESTER / BARANTSEV     43.70 23.40 + 20.30 - 0.00
8 CHONG / GFELLER       43.24 23.90 + 19.34 - 0.00

ペシャラ&ブルザ組がまさかのミス、失速で6位となり、デイビス&ホワイト組の独走態勢に入りました。ジュニアから上がってきたロシアのゴルシュコワ&ブティコフは高いTESで2位。うーん、ペシャラ&ブルザ組、好きなカップルなのでちょっと残念です。これからうまく調整し直してほしいですね。

そしてペアフリーの結果
1 DUBE / DAVISON              116.40 60.16 + 56.24 - 0.00
2 KAWAGUCHI / SMIRNOV     111.95 54.99 + 56.96 - 0.00
3 MCLAUGHLIN / BRUBAKER 100.85 47.49 + 53.36 - 0.00
4 BRODEUR / MATTATALL     98.38 54.38 + 44.00 - 0.00
5 VISE / TRENT                  94.58 50.06 + 45.52 - 1.00
6 KIRKLAND / RADFORD         91.58 49.58 + 42.00 - 0.00
7 EVORA / LADWIG              91.10 50.74 + 41.36 - 1.00
8 DONG / WU                    76.33 38.17 + 40.16 - 2.00

川口&スミルノフ組はサイドバイサイドジャンプにミスがありここではデュベ&デビソンに1位を譲りましたが、ショートプログラムのリードを守って総合では優勝しました。ペアは実際に演技を見ていないのでなんともいえませんが、カナダの選手というのはどんな要素も流れを損ねず自然に、たやすそうに実施することに秀でています。ロシアは逆に要素を際立たせるように華やかに魅せる印象です。
そして今回の大会は、たやすそうに魅せる要素に対して加点が非常に積極的だったという印象があります。国際大会なのでいろいろのジャッジがいるわけですが、なぜかしら、開催国選手のよさを積極的に評価するようになるという傾向はあるみたいです。そういうところでTESの差が、基礎点以上の差になってきたのではないかと感じます。けれどPCSは高く出ましたね。

アイスダンス、フリーダンスの結果です。
1 DAVIS / WHITE                 88.24 45.00 + 44.24 - 1.00
2 CRONE / POIRIER              81.89 44.40 + 37.49 - 0.00
3 PECHALAT / BOURZAT    77.79 37.30 + 41.49 - 1.00
4 GORSHKOVA / BUTIKOV  77.51 40.80 + 37.71 - 1.00
5 NAVARRO / BOMMENTRE  77.19 39.80 + 37.39 - 0.00
6 BOBROVA / SOLOVIEV   75.37 41.70 + 34.67 - 1.00
7 WESTER / BARANTSEV    68.65 38.00 + 31.65 - 1.00
8 CHONG / GFELLER            67.46 37.20 + 31.26 - 1.00

デイヴィス&ホワイト組が完勝。ディダクションはリフトの秒数オーバーのようです。ペシャラ&ブルザ組はやはり調子の上がらないまま終わってしまったようです。得点としてはやはりスケートアメリカのデロベル&シェーンフェルダー組やベルビン&アゴスト組に及びませんが、デイヴィス&ホワイト組にとっては、これがいいステップになればいいなと思います。

ペアの最終結果です
1 KAWAGUCHI / SMIRNOV       176.97 65.02 + 111.95
2 DUBE / DAVISON                176.54 60.14 + 116.40
3 MCLAUGHLIN / BRUBAKER   161.51 60.66 + 100.85
4 BRODEUR / MATTATALL   149.14 50.76 + 98.38
5 VISE / TRENT                148.52 53.94 + 94.58
6 KIRKLAND / RADFORD       141.66 50.08 + 91.58
7 EVORA / LADWIG            138.14 47.04 + 91.10
8 DONG / WU                  127.17 50.84 + 76.33

アイスダンスの最終結果です
1 DAVIS / WHITE                 178.89 34.29 + 56.36 + 88.24
2 CRONE / POIRIER              162.13 31.11 + 49.13 + 81.89
3 PECHALAT / BOURZAT    159.06 33.90 + 47.37 + 77.79
4 GORSHKOVA / BUTIKOV  157.83 30.50 + 49.82 + 77.51
5 NAVARRO / BOMMENTRE  157.54 31.67 + 48.68 + 77.19
6 BOBROVA / SOLOVIEV   151.62 28.42 + 47.83 + 75.37
7 WESTER / BARANTSEV    141.06 28.42 + 43.70 + 68.65
8 CHONG / GFELLER      136.99 26.29 + 43.24 + 67.46

GPランキング・ペア
McLAUGHLIN / BRUBAKER  24pt 2戦終了 最高位2位
SAVCHENKO / SZOLKOWY  15pt 1戦終了 180.77
KAWAGUCHI / SMIRNOV   15pt 1戦終了 176.97
DUBE / DAVISON            13pt 1戦終了 176.54
MUKHORTOVA / TRANKOV   11pt 1戦終了 167.67
DUHAMEL / BUNTIN            9pt 1戦終了 159.80
BRODEUR / MATTATALL    9pt 1戦終了 149.14
VISE / TRENT                      7pt 1戦終了 148.52
INOUE / BALDWIN         7pt 1戦終了 146.51

GPランキング・アイスダンス
DELOBEL / SCHOENFELDER 15pt 1戦終了 187.64
DAVIS / WHITE                   15pt 1戦終了 178.89
BELBIN / AGOSTO               13pt 1戦終了 186.53
CRONE / POIRIER                13pt 1戦終了 162.13
KERR / KERR                     11pt 1戦終了 180.20
PECHALAT / BOURZAT      11pt 1戦終了 159.06
SAMUELSON / BATES         9pt 1戦終了 175.66
GORSHKOVA / BUTIKOV        9pt 1戦終了 157.83
CARRON / JOST            7pt 1戦終了 166.92

« [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 | トップページ | スケートカナダ・女子シングル »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/24902085

この記事へのトラックバック一覧です: スケートカナダ・アイスダンス、ペアなど:

« [JGPシリーズ]女子SP、スパイラルシークエンスのレベル傾向・完全版 | トップページ | スケートカナダ・女子シングル »