2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スケートアメリカ・男子シングル | トップページ | スケートアメリカ・女子シングル »

2008年10月24日 (金)

スケートアメリカ・アイスダンス、ペアなど

スケートアメリカのシングル以外、全般の話題のエントリーです。追記形式で結果を追加していくつもりです。詳細ページはこちら。

最初の競技はもちろんアイスダンス、コンパルソリー。日本時間25日の朝7時5分からです。滑走順はこちら。
第1グループ
1 Jane SUMMERSETT / Todd GILLES
2 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER
3 Allie HANN-MCCURDY / Michael CORENO
4 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS
第2グループ
5 Pernelle CARRON / Mathieu JOST
6 Emily SAMUELSON / Evan BATES
7 Sinead KERR / John KERR
8 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO
9 Isabelle DELOBEL / Olivier SCHOENFELDER

続いて日本時間25日11時5分からはペアのショートプログラム。滑走順はこちら。
第1グループ
1 Caitlin YANKOWSKAS / John COUGHLIN
2 Meagan DUHAMEL / Craig BUNTIN
3 Adeline CANAC / Maximin COIA
4 Yue ZHANG / Lei WANG
第2グループ
5 Rena INOUE / John BALDWIN
6 Keauna McLAUGHLIN / Rockne BRUBAKER
7 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV
8 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY

こちらはアメリカ勢は挑戦者になりますが、私自身ペアとアイスダンスは技術的なことはさっぱりなので、各チームがどんなプログラムを見せてくれるのか、気楽に期待したいと思います。

10/25追記
ペアショートプログラム、アイスダンスコンパルソリーダンスの結果です。

まずはペア
1 MUKHORTOVA / TRANKOV  66.32 37.40 + 28.92 - 0.00
2 SAVCHENKO / SZOLKOWY  64.08 34.16 + 29.92 - 0.00
3 McLAUGHLIN / BRUBAKER  57.02 30.54 + 27.48 - 1.00
4 DUHAMEL / BUNTIN       54.26 31.06 + 23.20 - 0.00
5 INOUE / BALDWIN             50.00 26.96 + 24.04 - 1.00
6 YANKOWSKAS / COUGHLIN  48.40 29.16 + 20.24 - 1.00
7 ZHANG / WANG         44.60 25.36 + 20.24 - 1.00
8 CANAC / COIA          44.00 25.16 + 19.84 - 1.00

ムホルトワ&トランコフ組が世界チャンピオンをおさえてトップに立ちました。この組はロシア伝統のスタイルをもっともよく受け継いだペアと言われていますが、今回は要素の出来が非常に良かったようですね。
井上&ボルドウィン組は要素の出来があまりよくなかったようです。まあシーズンは始まったばかりですし、ゆっくりと調整していってほしいですね。

続いてアイスダンスコンパルソリー。今回のお題はヴィーニーズワルツ(ウィンナワルツ)。
1 DELOBEL / SCHOENFELDER 38.49 19.50 + 18.99
2 BELBIN / AGOSTO         37.63 19.10 + 18.53
3 KERR / KERR               34.37 17.44 + 16.93
4 CARRON / JOST              32.26 16.74 + 15.52
5 SAMUELSON / BATES     31.81 16.24 + 15.57
6 COPELY / STAGNIUNAS        29.78 15.30 + 14.48
7 RUBLEVA / SHEFER          28.41 14.64 + 13.77
8 SUMMERSETT / GILLES       27.50 14.86 + 12.64
9 HANN-MCCURDY / CORENO 25.74 13.64 + 12.10

コンパルソリーはアメリカ勢よりもフランス勢に分がある競技。というか、全てのステップが決まっていますから得意だ苦手だといえない。練習すればしただけ、その年期が技術となり得点となる競技です。特にデロベル&シェーンフェルダー組は、現役選手の中ではコンパルソリーでどこかの組に負けるということが考えられないほどの技術を確立しています。逆にアメリカ勢はリフトやスピンなどの技が出てくるオリジナルダンスとフリーダンスでこの程度の点差は覆していける力があります。どうなってくるか、まだまだわかりませんよ。

フリー、オリジナルダンスの滑走順は、この順位の逆順となります。

10/28追記
アイスダンス、オリジナルダンスの結果です。
1 DELOBEL / SCHOENFELDER 58.26 28.60 + 29.66
2 KERR / KERR                     57.74 30.40 + 27.34
3 BELBIN / AGOSTO               57.47 29.00 + 28.47
4 SAMUELSON / BATES          55.01 29.80 + 25.21
5 CARRON / JOST              52.74 27.40 + 25.34
6 SUMMERSETT / GILLES     50.51 28.40 + 22.11
7 RUBLEVA / SHEFER        50.37 27.90 + 22.47
8 COPELY / STAGNIUNAS       48.38 25.50 + 22.88
9 HANN-MCCURDY / CORENO 45.44 26.00 + 19.44

優勝候補2組のTESが伸び切りませんでした。演技を見ていませんが、ミスがあったのかもしれませんね。そこに飛び込んできたのがカー姉弟組です。
ジュニアから上がってきたサミュエルソン&ベイツ組はやはりここにきて高いTESでカロン&ジョスト組を上回ってきました。

そしてペアのフリー。
1 SAVCHENKO / SZOLKOWY 116.69 55.81   60.88  0.00
2 McLAUGHLIN / BRUBAKER 115.67 59.99   55.68  0.00
3 DUHAMEL / BUNTIN           105.54 54.50   51.04  0.00
4 MUKHORTOVA / TRANKOV 101.35 46.91   57.44  3.00
5 INOUE / BALDWIN            96.51 49.99   47.52  1.00
6 YANKOWSKAS / COUGHLIN   93.30 50.18   43.12  0.00
7 CANAC / COIA               90.36 51.08   39.28  0.00
8 ZHANG / WANG              80.03 41.63   38.40  0.00

ムホルトワ&トランコフ組は最終滑走のプレッシャーか、ミスが多く出てしまいました。それでも高いPCSを獲得しているのがさすがです。若いマクマフリン&ブルベーカー組は高いTESを獲得していて、勢いを感じます。しかしやはり技術で世界観を表現する域に達しているサフチェンコ&ソルコヴィ組のPCSはずば抜けていますね。井上&ボルドウィン組は、若い組に押されてしまいましたが、今後ゆっくりと調子をあげていってほしいです。

そして最終日に行われたアイスダンスのフリーダンス。
1 BELBIN / AGOSTO               91.43 46.00 + 45.43 - 0.00
2 DELOBEL / SCHOENFELDER 90.89 44.90 + 46.99 - 1.00
3 SAMUELSON / BATES          88.84 47.40 + 41.44 - 0.00
4 KERR / KERR                     88.09 43.90 + 44.19 - 0.00
5 CARRON / JOST              81.92 42.60 + 39.32 - 0.00
6 RUBLEVA / SHEFER        80.25 43.20 + 37.05 - 0.00
7 SUMMERSETT / GILLES     78.61 43.70 + 35.91 - 1.00
8 COPELY / STAGNIUNAS      78.12 42.90 + 36.22 - 1.00
9 HANN-MCCURDY / CORENO 71.77 40.40 + 31.37 - 0.00

デロベル&シェーンフェルダー組はミスが出てフリーダンスは2位。点数は昨シーズンよりかなり低いという印象です。サミュエルソン&ベイツ組はTESで最高の得点を叩きだしてきました。ペアのマクマフリン&ブルベーカー組と同じような若さの勢いでしょうか。まだまだ序盤で上位選手が調子を上げていくまえとはいえ、大健闘と言えると思います。

ペアの最終結果です。
1 SAVCHENKO / SZOLKOWY  180.77 64.08 + 116.69
2 McLAUGHLIN / BRUBAKER  172.69 57.02 + 115.67
3 MUKHORTOVA / TRANKOV   167.67 66.32 + 101.35
4 DUHAMEL / BUNTIN            159.80 54.26 + 105.54
5 INOUE / BALDWIN          146.51 50.00 +   96.51
6 YANKOWSKAS / COUGHLIN 141.70 48.40 +   93.30
7 CANAC / COIA                   134.36 44.60 +   90.36
8 ZHANG / WANG                  124.63 44.60 +   80.03

アイスダンスの最終結果です。
1 DELOBEL / SCHOENFELDER 187.64 38.49 + 58.26 + 90.89
2 BELBIN / AGOSTO               186.53 37.63 + 57.47 + 91.43
3 KERR / KERR                     180.20 34.37 + 57.74 + 88.09
4 SAMUELSON / BATES          175.66 31.81 + 55.01 + 88.84
5 CARRON / JOST              166.92 32.26 + 52.74 + 81.92
6 RUBLEVA / SHEFER        159.03 28.41 + 50.37 + 80.25
7 SUMMERSETT / GILLES     156.62 27.50 + 50.51 + 78.61
8 COPELY / STAGNIUNAS      156.28 29.78 + 48.38 + 78.12
9 HANN-MCCURDY / CORENO 142.95 25.74 + 45.44 + 71.77

GPランキング・ペア
SAVCHENKO / SZOLKOWY  15pt
McLAUGHLIN / BRUBAKER  13pt
MUKHORTOVA / TRANKOV   11pt
DUHAMEL / BUNTIN            9pt
INOUE / BALDWIN          7pt
YANKOWSKAS / COUGHLIN  5pt

GPランキング・アイスダンス
1 DELOBEL / SCHOENFELDER 15pt
2 BELBIN / AGOSTO               13pt
3 KERR / KERR                     11pt
4 SAMUELSON / BATES         9pt
5 CARRON / JOST             7pt
6 RUBLEVA / SHEFER       5pt
7 SUMMERSETT / GILLES     4pt
8 COPELY / STAGNIUNAS     3pt

« スケートアメリカ・男子シングル | トップページ | スケートアメリカ・女子シングル »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/24721752

この記事へのトラックバック一覧です: スケートアメリカ・アイスダンス、ペアなど:

« スケートアメリカ・男子シングル | トップページ | スケートアメリカ・女子シングル »