2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グランプリファイナル・ペア、アイスダンスなど | トップページ | グランプリファイナル・女子シングル »

2008年12月10日 (水)

グランプリファイナル・男子シングル

12/11訂正
グランプリファイナル、男子シングルのエントリーです。
結果詳細ページはこちら

男子はまず11日にジュニアのショートプログラムが行われます。記事を直している今このときまさに始まりそうなところです。
滑走順です。
第1グループ
1 Artur GACHINSKI            RUS
2 Elladj BALDE                CAN
3 Denis TEN                     KAZ
4 Ivan BARIEV                  RUS
第2グループ
5 Florent AMODIO              FRA
6 Alexander JOHNSON        USA
7 Armin MAHBANOOZADEH USA
8 Richard DORNBUSH         USA

優勝候補かと思われたチェコのブジェジナ選手は膝を傷めて今季前半の試合はキャンセルとなりました。国内選手権は出なくても回復が間に合えば世界ジュニアの代表は確定しているそうですが、まず目先の結果よりこれからのキャリアのことを考えて判断してほしいところです。
戦いは、滑りの素性が良いアメリカ勢にジャンプの強いヨーロッパ勢がどう対抗していくか。まずヨーロッパ勢は得意のジャンプでミスをしないことが求められます。ひとり小国から出場、カザフスタンのデニス・テン選手は、拠点は今モスクワということで、振付もタラソワさんに依頼したりしているようですが、期待の選手の一人ですね。

12日はお昼にジュニアのフリーのあと、夕方シニアのショートプログラムとなります。
滑走順です。
第1グループ
1 Tomas VERNER    CZE
2 Jeremy ABBOTT      USA
3 Brian JOUBERT    FRA
4 Johnny WEIR          USA
5 Takahiko KOZUKA  JPN
6 Patrick CHAN     CAN

ヴェルネル選手は滑り込みでファイナル初出場。ブジェジナ選手の分もここで発奮してほしいところです。スケート年齢ではジュベール選手やウィアー選手と同じになるアボット選手も初出場。そして我らが小塚選手も初出場となります。彼は年上の選手達のことはあんまり意識しないらしいですが、唯一年下のチャン選手が優勝候補なのですから、闘志をバリバリと燃やして勝ちに行ってほしいです。

12/12追記
11日に行われたジュニアのショートプログラムの結果です。
1 Florent AMODIO        68.20 39.10 + 29.10 - 0.00
2 Armin MAHBANOOZADEH 67.05 38.20 + 28.85 - 0.00
3 Richard DORNBUSH          66.50 38.00 + 28.50 - 0.00
4 Alexander JOHNSON         64.85 35.80 + 29.05 - 0.00
5 Ivan BARIEV             63.75 35.70 + 28.05 - 0.00
6 Artur GACHINSKI            62.20 35.70 + 26.50 - 0.00
7 Denis TEN              60.59 33.14 + 27.45 - 0.00
8 Elladj BALDE               59.89 33.94 + 25.95 - 0.00

トリプルアクセルが武器のアモディオ選手がトップ。PCSも高く出ています。フランスは若手が順調に育っている印象。やはり世界チャンピオンが出ると活気が出ますよね。
しかし他の欧州の選手はアメリカ勢の下。やはりアメリカ勢は演技の流れが優れていると思われます。

そして本日のジュニアフリーの結果です。
1 Florent AMODIO              131.38 71.48 + 59.90 - 0.00
2 Armin MAHBANOOZADEH 126.43 69.53 + 56.90 - 0.00
3 Denis TEN                    119.75 64.35 + 55.40 - 0.00
4 Richard DORNBUSH          117.43 61.73 + 55.70 - 0.00
5 Ivan BARIEV             116.90 62.20 + 54.70 - 0.00
6 Alexander JOHNSON         113.55 55.85 + 57.70 - 0.00
7 Elladj BALDE               110.45 58.45 + 52.00 - 0.00
8 Artur GACHINSKI            106.48 55.98 + 51.50 - 1.00

アモディオ選手がフリーもトップとなりました。デニス・テン選手がショートの遅れを取り戻す演技。しかし表彰台には届かなかったですね。
ガチンスキー選手は身軽にトリプルアクセルを跳んでいますがセカンドトリプルの精度や体力面などまだまだ年少で不十分なようです。ジャンプは跳べるだけでは不十分で、演技の一部にできなければ今は得点にならないのです…

12/13追記
シニアショートプログラムの結果です。
1 Takahiko KOZUKA  83.90 47.00 + 36.90 - 0.00
2 Jeremy ABBOTT      78.26 42.46 + 35.80 - 0.00
3 Brian JOUBERT     74.55 39.80 + 35.75 - 1.00
4 Johnny WEIR          72.50 37.50 + 36.00 - 1.00
5 Tomas VERNER    69.34 37.34 + 34.00 - 2.00
6 Patrick CHAN         68.00 33.30 + 36.70 - 2.00

チャン選手がまさかのジャンプ不調、ジュベール選手やウィアー選手も転倒となり、なんとなんと、小塚選手がトップに立ちました。演技としても緊張は伝わったもののリズムをよくとれていたこと、ジャンプがこれまでよりだいぶ流れがよくなっていたことなど、きちんと練習してきたものが出せたんだろうな、という印象です。これまではやや着氷でつまる(それでも転んだりステップアウトしたりするよりずっといいのですが)ところがあって、チャン選手の方が演技全体が流れるような印象がありましたが、今回はそのあたりにおおきな改善が見られたと思います。
アボット選手は大きなミスはなかったのですが、ちょっと普段よりエッジが不安定でした。やはり緊張かという感じです。それでも初出場でこれだけまとめたのですから立派です。
ジュベール選手はロシア杯のときのような体のキレがありませんでしたね。ジャンプは成功したものも質がよいという印象があまりありませんでしたし、有無をいわせないようなチャンピオンのオーラはちょっと影を潜めていました。体調があまりよくなかったようですが、フリーではムリのない程度に、彼らしい演技を見せてほしいです。

12/14追記
シニア、フリーの結果です。ジュベール選手は残念ながら背中を傷めて棄権。お大事に。
1 Jeremy ABBOTT   159.46 82.56 + 76.90 - 0.00
2 Johnny WEIR      143.00 71.30 + 71.70 - 0.00
3 Takahiko KOZUKA    140.73 69.43 + 73.30 - 2.00
4 Tomas VERNER      137.31 63.21 + 74.10 - 0.00
5 Patrick CHAN     137.16 65.96 + 73.20 - 2.00

アボット選手はほぼパーフェクトな演技。着氷の流れはちょっと足りないかな、というところもありましたが、とにかく安定感があり最後までスピードを保って演じきりました。
ウィアー選手もトリプルアクセルは見事に決まり、コンビネーションとループがダブルになった他はまとめてきました。しかし彼は他でレベルの取りこぼしをすることが多いし、体力を消耗するような密度の濃いプログラムは嫌う傾向があり、他の4選手がみんな忙しいプログラムを演じていることでちょっと見劣りした部分がありました。しかし、今彼のようなゆったりしたプログラムを見ることが、私は嫌いではありません。
小塚選手は、最終滑走という緊張の中でしっかり4回転に挑戦してきて、まさに挑戦者の気持ちで演じてくれたと思います。その中で体力を消耗し後半のジャンプに影響が出てしまいましたが、これはきっといい経験になると思います。優勝争いをする中でどうやって自分のコンディションを最良にもっていくのか、冷静な彼ならばきっと何かを学べたと思います。
ヴェルネル選手も今回最も楽しいプログラムではありましたが、ずいぶん最後にバテてしまいました。チャン選手はトリプルアクセルが今回鬼門でしたね。こんな試合もあります。経験を積み重ねることで、評判に違わない確かな実力を身につけていってほしいです。

ジュニアの最終結果です
1 Florent AMODIO         199.58 68.20 + 131.38
2 Armin MAHBANOOZADEH  193.48 67.05 + 126.43
3 Richard DORNBUSH     183.93 66.50 + 117.43
4 Ivan BARIEV              180.65 63.75 + 116.90
5 Denis TEN               180.34 60.59 + 119.75
6 Alexander JOHNSON    178.40 64.85 + 113.55
7 Elladj BALDE          170.34 59.89 + 110.45
8 Artur GACHINSKI       168.68 62.20 + 106.48

シニアの最終結果です
1 Jeremy ABBOTT      237.72 78.26 + 159.46
2 Takahiko KOZUKA  224.63 83.90 + 140.73
3 Johnny WEIR          215.50 72.50 + 143.00
4 Tomas VERNER    206.65 69.34 + 137.31
5 Patrick CHAN         205.16 68.00 + 137.16
WD Brian JOUBERT       -    74.55

« グランプリファイナル・ペア、アイスダンスなど | トップページ | グランプリファイナル・女子シングル »

試合結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527645/26087638

この記事へのトラックバック一覧です: グランプリファイナル・男子シングル:

« グランプリファイナル・ペア、アイスダンスなど | トップページ | グランプリファイナル・女子シングル »