2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ニュース

2008年10月17日 (金)

ステファン・ランビエール選手、引退発表

シーズンの本格的な始動を前にして、本当に残念なニュースです。

中野選手は「自分が努力しているとは、もう言わない。自分が努力すれば同じだけ周りの選手も努力しているから」と述べていましたが、努力しようにもできない体であるとき、選手達はどんなにか辛いことだろう、と思います。世界で勝つということを本当に知っている選手は、どれだけプッシュすれば世界のレベルについていけるかもまた知っているでしょう。ランビエール選手は、自分の体はもはやそのプッシュにはついていけない、と判断するしかなかったのでしょうね。悲しいことですが。
彼はショーで人に喜んでもらうことでも喜びを感じられるスケーターですから、今後もスケートに関わっていってもらえると思います。だからこそ、勝ち目がないと認めるや潔く競技から身を引くことができたのでしょう。
とはいえ、スケートをお客さんに見せることならどこでもできるけれど、勝つことだけは競技でしかできないわけです。満身創痍でも4回転に挑み、世界に挑んできたランビエール選手も、本当に「勝ちたい」選手だったと思います。それができそうにないと認めるのに、どれほどの葛藤があったことでしょう。

とにかく今は体を休めて、思いのままにスケートを楽しめる体を取り戻してほしいです。

2008年9月11日 (木)

ジェフリー・バトル選手、引退表明

カナダのニュース映像付の記事

本当に素晴らしい、スケートの魅力を伝えてくれるスケーターです。ひたすら残念ですが、彼の人生を歩めるのは彼自身だけです。その道がこれからも実り多いものであるよう、願っています。