2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

データベース-ISU選手権

2008年5月18日 (日)

2008年ISU選手権の統計

また日が空きました。まあオフシーズンですのでじっくりいきましょう。

今回はシニアのISU選手権3大会(欧州選手権、四大陸選手権、世界選手権)の得点傾向の統計を出してみました。
GPシリーズのときはPCSのみ簡単に大会ごとの得点傾向の違いを出してみたのですが、この選手権3大会は出場選手のレベルも違いますし、地域色で出場選手の個性も微妙に違います。もちろんジャッジの採点方針も微妙に違っていると思います。
平均点や標準偏差、得点分布などを集計して大会の特徴の違いを分析してみよう、というのが狙いです。これから先また要素の集計をしてみたいと思いますので、その判定の背景などを理解してもらえれば、と思います。

対象はフリーを滑走し得点がついた選手。棄権者のある大会や、地元1枠ルールのフリー進出者がいる大会もありますので、その人数は大会によってまちまちです。とにかく、ショートのみの選手は集計がややこしくなるので含みませんでした。

※(標準偏差とは:数字のばらつきの平均のこと。高いにしろ低いにしろ平均点から離れた得点の人が多いほど、標準偏差は大きくなります)

☆女子☆

<ショートプログラム>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差
世界選手権      29.34      4.03    23.42     3.26
欧州選手権      26.98      4.91    20.60     3.61
四大陸選手権    24.93      6.32    19.96     4.84

<フリー>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差
世界選手権      48.30      9.26    47.06     7.71
欧州選手権      44.70      8.18    41.61     8.34
四大陸選手権    44.36    14.36    40.12    10.47

<総計>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差 (GOE)
世界選手権      77.64    11.56    70.48    10.85  -0.12
欧州選手権      71.68    12.55    62.21    11.85  -1.17

四大陸選手権    69.29    19.69    60.08    15.23  -2.42

TES平均値の要素別内訳
TESの得点分布
PCS平均値の項目別内訳
PCSの得点分布
(クリックするとグラフを表示します)

女子では、四大陸と欧州の平均点の差はわずかですが、標準偏差では欧州が世界選手権とほとんど変わりないのに対して四大陸ではかなり大きな値になっていることがわかります。日本やアメリカといった非常にハイレベルな女子選手達と、中南米やオセアニア、アフリカといったスケートの盛んでない国の選手達が混在する大会なため、分布のグラフの黄色や緑の部分が少なく、赤や青が多いのです。
逆に欧州選手権では、同じくらいのレベルの出場国が非常に多いため、得点が団子状態になっている、といえます。

★男子★

<ショートプログラム>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差
世界選手権      36.36      4.37    31.77     4.87
欧州選手権      31.37      4.29    26.99     5.73
四大陸選手権    28.89    10.89    27.25     7.80

<フリー>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差
世界選手権      64.74      9.06    63.61     9.56
欧州選手権      57.09    11.04    55.93    12.40
四大陸選手権    53.81    18.98    55.60    16.02

<総計>
             TES平均 標準偏差 PCS平均 標準偏差 (GOE)
世界選手権      101.10    11.47    95.38    14.26  0.63
欧州選手権      88.46    14.08    82.91    17.91  -2.96
四大陸選手権    82.70    29.03    82.85    23.77  -1.68

TES平均値の要素別内訳
TESの得点分布
PCS平均値の項目別内訳
PCSの得点分布

男子では女子よりも4大陸選手権のレベルがさらに落ちます。
女子では日米加中の4カ国に加え韓国、ウズベキスタン、台湾などもコンペティティブなレベルの選手を輩出していますし、世界選手権のフリーにすすめないような国の選手も、国から複数名出場したりと、競争がきちんとある状態になっています。しかし男子では日米加中の4カ国の他はせいぜいカザフスタンの選手が世界選手権のフリーに進んだくらいですし、その他の国ではそもそも選手がほとんどおらず、全員がフリーに進出できる人数しか参加していません。
まだまだ、そういった国々ではフィギュアスケートが男の子のスポーツとして認識されていない、ということなのでしょうね。時間もお金もかかるスポーツですし。
当然標準偏差も大きいです。分布のグラフを見てもらうとわかるのですが、ヨーロッパ選手権ではメインの層である中間くらいのレベルの選手が、四大陸では非常に少ないことが窺えます。

男女ともに言えるのは、世界選手権の得点で目立って高いのはやはりジャンプの得点だ、ということです。スピンやステップなどの得点は大会ごとの大きな違いにはなっていません。また、PCSでも大きな違いがみられますね。
ステップの基礎点変更などでこの傾向がどう変わってくるのか、このあたりが興味深いですね。

このように、大会ごとにいろいろと個性の異なる大会のデータをいっしょくたにして今後集計をとっていきます。一応大会ごとの数字も参考に載せるかもしれませんけれど…
ついでに、異なる大会の得点は簡単に比較できない、ということも、こういったデータから感じ取っていただければと思います。